営業マン、たまにはまったり行きましょう


by erqjho46ur

一般サイト拡大、出会い系減少=児童の犯罪被害−警察庁(時事通信)

 2009年に出会い系サイトがきっかけで買春や淫行(いんこう)などの犯罪被害に遭った児童(18歳未満)は前年比271人減の453人だったことが18日、警察庁のまとめで分かった。一方、プロフィルサイト(プロフ)や会員制交流サイト(SNS)、ブログ(日記風ホームページ)など「非出会い系」の一般サイトに関連した被害児童は344人増の1136人となった。
 規制が強化された出会い系から一般サイトへの移行が進んでいるとみられ、両方を足した被害児童は73人増えた。一般サイトの運営事業者の一部は、利用者の年齢認証などを始めたが、同庁は児童を誘う書き込みを削除するなどの取り組みも行うよう業界に指導する。
 警察が摘発した事件数も、一般サイトが353件増の1347件で、389件減の1203件だった出会い系を上回った。
 出会い系の被害児童のうち携帯電話でアクセスしていた割合は99.3%で、過去最高だった。 

臓器移植あっせん、金沢大以外でも接触情報4件 厚労省調査(産経新聞)
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か−宮崎(時事通信)
宇都宮線が全線運転見合わせ 車両トラブルで(産経新聞)
「検証し、今後に生かす」=石巻3人殺傷で警察庁長官(時事通信)
住宅火事、2人死傷(産経新聞)
[PR]
by erqjho46ur | 2010-02-20 08:47